簡単にわかる!DeFiって何?

DeFi(ディーファイ)

2020年夏ごろにかけ巨大なDeFi相場がありましたが、まだまだ伸び代は有り余っていると思います。

もちろん短期的な値動きについてはまた別の話ですが、知っておくに越したことはないと思います。

そんなDeFiについて学ぼうとして検索しても、

「DeFiとは略さずにいうとDecentralized Finance、日本語訳では“分散型金融”」こんな説明の後に難しい技術の話がつらつらと…

文系頭脳の私には到底理解できません。

そこで!今回はめちゃめちゃ簡単に説明する部分と、なにができるのか詳しい技術の話を分け説明します。

ある程度知識はあるよーって方、この記事を既に読んでくださった方はこちらをご覧ください!

(🚧Under construction 🚧)

1,DeFiとは?

では、まずDeFiとは何者なのか。

ざっくりいうと、金融の民主化です。

これまでの『金融』においては金融機関が仲介者となり、個人間での送金などを管理してきました。しかし、金融機関は商売として行なっているわけでシステムの維持管理を回収するために、必ずと言っていいほど、「手数料」を徴収します。

通常の利用法だとあまり負担に思うことはないかもしれませんが、海外送金を行おうとすると手数料だけでもそれなりの額になったりします。

また、金融機関のシステムがダウンしたり、悪意あるクラッカーによって送金システムが改竄されてしまうリスクもあります。

しかし、ブロックチェーンの技術を利用することで全ての取引を全世界から監視可能になりました。取引を行う際にはあくまで個人間の取引として行うことで、仲介者を除外し、ローコストで迅速、さらに安全な取引を実現しようとしています。

2、DeFiとは結局?

今更ながらですが、DeFiとはこれ!ってものは実は存在しません。ただの「分散型金融」という概念です。

これまで証券会社や銀行などの集権的な管理者を無くして、また、国家の垣根を超え、金融取引が行える、それをDeFiと呼んでいるのです。(誰にでも開かれた金融ということで(Open Finance)と呼ばれることもあります。)

じゃあ、一体なにが革新的なんだと、別に今までの銀行でも問題ないし、手数料の数百円くらい払ってやんよと。

DeFiの面白いところはここからなのです。

DeFiの興味深さ

これまでの金融では基本的にデータは高いセキュリティを保つため専用のデータセンタのなかで厳重に保管され、外部のサービスと接続するなど、到底考えられませんでした。

しかし、DeFiではデータを統合したり、スマートコントラクトと呼ばれる技術を用いて「もし、明日晴れたら500円送金する、晴れなかったら300円」などのように様々な条件を設定して、ほかのデータとの統合を行うことができます。

仮想通貨の特徴として、それぞれの技術が融合することで、これまででは考えられなかったようなサービスが実現するというものがあります。

現在ではDEX(分散型取引所)や信用創造を行う銀行の役割くらいしかメジャーなDeFiサービスはないですが、今後爆発的に発展していくことを願っています。

それでは、次の記事では現在実際に稼働しているDeFiサービスについてどんなものがあるのか見ていきましょう。

⚠記事執筆中⚠

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。